虫歯の進行度と治療について②【中目黒にある歯科医院・有馬歯科医院】

虫歯の進行度と治療について②【中目黒にある歯科医院・有馬歯科医院】

虫歯の進行度と治療について②【中目黒にある歯科医院・有馬歯科医院】

2021/09/07

虫歯の進行度と治療について②【中目黒にある歯医者・有馬歯科医院】

虫歯の進行スピードについて
ここからは、虫歯の進行スピードについてご紹介していきます。


【進行の遅い虫歯】
虫歯は、炎症などと同じように慢性型の虫歯と急性型の虫歯があります。虫歯の進行が遅い場合は、慢性型の虫歯と呼ばれます。
慢性型の虫歯は成人した方によく見られ、緩やかな進行で、虫歯の進行度のC1からC2の状態が長期にわたって続きます。
歯科医院では、C1の場合はフッ素などを塗って経過を見ることが多いです。C2の段階に進行し、穴が開いたり欠けたりしているところがある場合には、削って詰め物をすることが多いです。
【進行の早い虫歯】
進行の早い虫歯は、乳歯や若い方の永久歯に多く見られます。このように、早いスピードで進行する虫歯を急性型の虫歯と呼びます。C1からC2、さらにC3まで急速に進行するため、早めに治療を行うことが大切です。
神経を失った歯は、その症状が再発したり歯のエナメル質がもろくなったりすることがあるので、C3まで進行する前の治療が必要です。

 

虫歯治療は早めに!!
今回ご紹介したように、初期段階の虫歯で歯の表面の変色だけであれば歯を削らずに済む可能性もあります。毎日歯磨きしていてもなかなか取れない汚れを見つけた場合は、早めに歯科医院をじゅしんしましょう。
虫歯の治療で歯を削って、かぶせ物や詰め物をした歯は、虫歯の再発のリスクや歯の寿命が短くなるリスクがあります。
歯科医院への苦手意識や歯科医院に行く時間を作れないなどの理由で虫歯を放置してし、まうと、大切な歯を失う可能性もあります。
早期に虫歯を発見できれば、治療の痛みも治療にかかる時間も最小限に抑えることができます。歯科医院が苦手な方も忙しい方も、定期検診を受診することをおすすめします。
また、ご自身の虫歯がどのようなタイプで、そのようなステージにあり、どのような虫歯治療が必要なのかをしっかり理解しておけば、虫歯治療やセルフケアに対する心構えも変わっていくでしょう。
虫歯治療は歯科医院で削って詰め物をし、そこで終了ではありません。虫歯の治療後も治療前も、ご自身でしっかり歯磨きなどのケアをすることが大切です。毎日のケアを丁寧に行い、いつまでも若々しく健康的な口腔内を保ちましょう。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。